story 肥満になる原因について

また脂肪にはお腹の表面のみに付くわけではなく、お腹の中にある内臓の回りにも脂肪が付いていることも多く、そういう場合は表面だけ脂肪を改善しても体重があまり減らず、ずっと肥満のままであることが考えられます。内臓脂肪を落とす場合は、これまでの脂肪燃焼の効果があるトレーニングよりもハードな運動が必要とされるため、内臓脂肪を燃焼される最も効果的な方法として腹筋や背筋を鍛えるトレーニングをする必要があります。最初は回数が多い運動は行わずできる所まで行うことが重要であり、やり過ぎた時はお腹や背中が筋肉痛になるので次のトレーニングの時に支障が出てしまい、筋肉痛が治るまではトレーニングを怠ってしまう可能性があります。なので最初は自分のペースで腹筋や背筋を行い、この回数では足りないと感じた場合に回数をそれ以上に増やしていけば効率良く内臓脂肪を燃焼させられるから肥満が改善されます。しかし腹筋や背筋のようなトレーニングをした場合必ず脂肪が燃焼されるという可能性は少なく、逆に脂肪が鍛えられて筋肉に変化してしまうことがあり、脂肪燃焼できてもお腹がへこむことは少ないです。

none